希な1/87日本型を扱う希に営業する模型店の希に更新されるブログ

鉄道模型店FAB

ご連絡はEメールで: fabtrains@gmail.com

fabtrains

Author:fabtrains
〒170-0011 東京都豊島区池袋本町3-26-12
ご連絡はEメールのみ:
fabtrains@gmail.com
最新情報はFaceBookで
月に何度かは営業しています
新製品発表毎のご案内はメールで登録を
広告入りサイトすみません😔

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- コメント

タキ45000第一弾: 初期車の予約受付開始です*日本石油輸送商品化許諾済

1960年代までの石油製品用タンク車は「ガソリン用」とそれ以外の油輸送に用いられる「石油類用」が姉妹車として製作されるのが常でした、タキ3000(ガソリン)/タキ1500(石油類)、タキ9900(ガソリン)/タキ9800(石油類)などの後を受け、タキ35000の石油類用姉妹車として登場したのがタキ45000です。「石油類」タンカーとしてはタキ1500(887輛)、タキ2100(682輛:形態違いや石油類以外含)に次ぐ589輛の大所帯でした。両端の同...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



- コメント

食堂車用蒸気抜き発売

当店FaceBookで何度も話題にした食堂車用蒸気抜きができました。戦前の鋼製食堂車すべてに設置され、戦後もオシ17には装備されている屋根上パーツです(オシ16は屋根上写真で確認できず。ナシ20には見当たらないです)。省略されている模型がほとんど…てか、ここまでやった模型は見たことないですが、やはり無いのはきになります。最初は板材で適当に…と考えたのですが、この小ささではさすがに作るの困難。でも屋根上写真見ると気...
記事の続きを読む
- コメント

究極のスハ43形? オハ46/オハフ45新製車のご案内

久々のPrecision HO切妻客車キット。オハ46とオハフ45を製作します。スハ43と異なる屋根R鋼板張り屋根や軽量形TR47など特徴も多く、ヘッダー付座席車の最後を飾りました。旺盛な旅客需要から列車が定数一杯だった昭和20年代後半、増結には客車軽量化が急務でした。そこで製造最終年のスハ43は大幅な軽量化により別形式オハ46として登場(同様にスハフ42→オハフ45)。ナハ10試作車誕生1ヶ月前、昭和30年9月登場だけに軽量客車の手法...
記事の続きを読む
0 コメント

コキ10000/コキフ10000キットを再生産しました

*今回はパーツ数に限りがあるため、予め生産した数だけの販売となります国鉄時代、唯一の100km/h運転で高速貨車の代名詞だった10000系貨車群。冷蔵レサ、有蓋ワキ、そしてコンテナ用コキの3系統だけが10000台を名乗り、その中心的存在だったのがコキ10000です。先行試作車に続いて昭和41年に量産を開始し、東海道〜北九州の運用に370輛が製造されました。さらに昭和43年からは東北、北海道方面用に18000番代が85輛製造されています...
記事の続きを読む
- コメント

The北海道の電車第二弾❗️ 711系二次量産車

ご好評をいただいた一次量産車に続き、711系二次量産車をHOスケールで模型化いたします。昭和44年の滝川―旭川の電化延長に合わせて10本30輛を製造。前年の一次量産車(他に試作車2本あり)8本に対し、意外なことに二次量産車は輛数で一次車を上回っています。一次量産車では気動車列車を置き換えるまでに至らなかった711系ですが、二次量産車の投入で小樽―旭川の主力となりました。一次量産車から1年後の製造とはいえ、二次量産車...
記事の続きを読む